忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[909]  [908]  [907]  [906]  [905]  [904]  [903]  [902]  [901]  [900]  [899

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




妖奇士が終わった
大団円にふさわしい終わり方だった
鳥居がかっこよかった
元閥妖艶だよ
ゴッツンコじゃなくてもはやコジロウだよ

往圧は、元閥(字これだったけ?)に確かに刺されたが、刺したのは竜を殺す剣
人と竜が入り交じった往圧は、竜の部分を殺された
で、一言呪文をかけた(だから死ななかった)
元閥の子分が暴走同然の状態になってるところを、鳥居の体から取り出した“鳥”で、奇士のみんながやっつける。(なぜ元閥本人ではなく子分かと言うと、本人は用がすんだと江戸を転覆させるつもりはなかったため)

鳥居は切腹されずに物書きみたいなのになった。死ななくてよかった
子供は死産だったとか、で家慶には病弱な子しかいなかった
水野忠邦が失脚させられた頃、アンデルセンは『みにくいアヒルの子』を、ポーは『黒猫』を書いた

最後のシーンの字ばかりのところの要約
奇士たちは何だか妖怪退治屋に落ち着いた
美男美女揃い、そら噂になるわ(狂斎意識)


最後に、なぜ話が短かったについての私の持論だが、複数の説が考えられる

大多数の人間にとってつまらなかった(ただ単に時代劇が受け入れられなかった事もこれにはいる)

スポンサートラブル
当初からの方針

まあ、諸行無常で始まりには終わりが付き物だからしかたないのだが。

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]