忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[1330]  [1329]  [1328]  [1327]  [1326]  [1325]  [1324]  [1323]  [1322]  [1321]  [1320

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




隣で家族が寝ているためソウルイーターを音無し(字幕モード)で見た
多分原作6・7巻あたり(かな?)
面白かったなあ
タートルズ終わった恨みは未だに心に抱いているけど

原作通りの展開だったのは確か
見逃しは山ほどだったが
でもとにもかくにもマカ嬢が元に戻ったのは喜ばしい
フリーが西凛太郎氏(ギャラフォのフランクリン大佐の人)だったのには少しびっくりした(余談だが、西氏はアニメ版デスノートでもヨゴシュタ…じゃなかった、梁田氏とスピーカバン…二又氏と共にヨツバ関係者を演じた。)

エルカは福圓美里女史(アニメ版薬師寺涼子の怪奇事件簿の貝塚さとみ嬢)
かわいらしい声だとは考えられる
エルカの帽子は緑色だと予想していただけに橙色はいただけない
ちなみにキャスティング情報はエンディングクレジットから得た


で、本編内容について見ていて思ったこと

前回のソウル・イーターにしてもラグナログにしても話題が下品過ぎ(まあ、前番組であるタートルズでもゲロ吐きシーンあったからなぁ)
キッドの必殺技『魂の共鳴・処刑執行モード』はユーロビートがガンガン鳴り響くロボットアニメを連想させた




本編終了後、私は家族に『狂気を扱う内容のため、人によっては精神にくるかも』と伝えた
というのは、鬼神の狂気にやられて幻覚を見せられたエルカが喉を鋭利なもので刺し(?)、フリーが自分の首を刃物で落としそうになっている場面があったからである
これが海外放送されたらカットされていただろうし、そうでなかったらアダルトスイム行きだ
にしても危なかったなお二人さん
レイトショー版だったらえげつなさはこれ以上のものだろう

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]