忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678]  [677

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ネタが古いのは、10年前という設定ただから

一同が着いた先は、降下したにある、建設中の建物だった。
床のセメントはまだやわらかかった。伸子たちは、志穂の死体を、セメントの中へ埋め、仲間である柿村美法の持ってきた、似たような種類のセメントでふたをした。

日付が変わったころ、伸子は部屋で携帯型ゲーム機をしていた。何度も何度も切れるのでイラついていた。
しかし、何度目かに切れた時、ぱちんという、普通に電源を切る音が聞こえた。
「誰よう!?誰かいるの!?」
伸子は立ち上がって、声を上げた。カーテンに目をやった時、彼女は凍りついた。
カーテンの隙間から、白系のロリータで統一した志穂がニューッと出て来た。
「うふふ。わたしよ。」
「死亡が何の用?」
伸子の足は震えていた。
「貴方を殺しに来たのよ」
そう言いながら、志穂は伸子を体ごとを引っ張っていった。
伸子は抵抗したが、硝子を突き破り、落ちていった。

翌朝、新聞をとりに来た人が、彼女の遺体を見つけた。警察は自殺と見ようとしたが、抵抗したあとがあること、遺書がない点から、殺人事件と見ていた。

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]