忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301]  [299]  [297]  [296]  [295]  [294

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




ある夕方、俺が公園でタバコをふかしていると、ぼろぼろになった高部がやってきた。
俺はすぐ奴がまたゲーセンでたかられたと確信した。奴の場合、たいていそうだ。
俺は奴がものを言う前に「もうゲーセン行くんじゃねえぞ」と言ってやった。
そしたら学校でやられたんだと。
俺は「もうやり返しちゃえ」と言った。
奴は何も言わず、俺の元を去っていった。
その翌晩、俺が崩れかかった古い洋館の前を通りかかると、誰かが鏡の前に立っていた。
鏡の向こうには金髪の男が怪しい光を放ちながら立っていた。当初俺はその金髪男が立っていると思った。
しかし、俺が聞いたその声は間違いなく、唯一の心の友―高部孝也のものだった。
「き、君が…、噂に聞く最凶の吸血鬼、ヴィンセント・ネッド・スターシブル…?」
俺は思わずその場に立ち止まった。
「ああそうだけど、何の用?」
男はたいして普通に答えた。
「長年、僕を苦しめてきたあの憎き拝島、橋詰、二条を殺して欲しい。僕の体を使ってでも。」
俺は、苦しめたって、ただ1年間奴らにたかられただけじゃねえかと心の中で思った。
「久々に飯の話か…。乗ったぜ。」
その直後、ヴィンセントは鏡の中から出てきて孝也の体へと入っていった。すると孝也の髪は黒から金色になり、体つきもだんだん華奢になってきた。そして、いつのまにかヴィンセントの姿になっていた。
心配になった俺は、奴のあとをこっそりついていった。吸血鬼対策として尖ったガラスの欠片をポケットに忍ばせて。
ヴィンセントは、拝島が待ち伏せている箇所を堂々と歩いた。案の定、二条が金属バットを振り下ろしてきた。しかし、ヴィンセントは、バットが当たらないように拝島に抱きついた。
ウエエと悲鳴を上げる二条たち。おろおろする拝島。
拝島がこの野郎のこの字を言う前に、ヴィンセントは奴の首に噛み付いた。だんだんしおれていく拝島。それを腰抜かしてみている2人。そしてガチガチに固まっている俺。されど、ヴィンセントの表情は今にも眠りにつきそうな子どものようだ。
それからして奴は飽き足らないのか、青ざめている二条たちにも1人ずつ噛み付いた。
橋詰の血を吸い終わったあと、奴は孝也の姿に戻った。
「ヴィンセントがとがったもの頂戴だって。」
俺は震えた手で孝也にガラスの破片を渡した。
それから10分後。
「ねえヴィンセント、仕事は終わったから、もう僕の体から出てってくんない?」
するとヴィンセントはさらりとこう反論した。
「わりぃな。お前にゃ教育が必要のようだな。一生お前につくぜ。」
「えっ、そんなの聞いてないよ!!僕の体使っていいとは言ったけど、一生僕を教育してくれなんて言ってないよ!!」
「なあ孝也すべての物には代償があるって学校で習わなかったか?」
「ちょっと、それとこれとは話が違うよ!!」
孝也の反論にヴィンセントは(はたから見れば孝也だが)ツーンと舌を出しながらそっぽを向いてしまった。
俺は奴に付き合ってられずにその場を去った。

ずっとしなきゃって思ってました。

サブキャラもしよう

 

備考:語り手孝也の心の友の泥棒

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]