忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[1820]  [1819]  [1818]  [1817]  [1816]  [1815]  [1814]  [1813]  [1812]  [1811]  [1810

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




この人の名前を初めて知ったのは『トランスフォーマー マイクロン伝説』のコンボイ
コンボイだけが大川氏の持ち味ではない。『ホームムービーズ』ではコーチことマグワイヤーを演じている。こちらはコンボイや後述のラチェット達とは大きく違い、どこか胡散臭い上にだらしのないグダグダした低い声している。
『トランスフォーマー アニメイテッド』ではとっつぁんことオートボットの最年長ラチェットを演じている。『~じゃよ』といったステレオタイプ的な台詞ではなく博多弁(ただし、他の地域の視聴者にもわかりやすくアレンジが入っている)でしゃべっている。方言には疎い私だが、聞いていて違和感を感じさせない。そして何よりも、さりげなく(よい意味で)年寄り臭さを出している(後に知った事だが、大川氏は鹿児島出身だったらしい)
『ケシカスくん』の修正液はTFAのラチェットと声自体が全く同じである。ただ、ラチェットが訛っているのに対して、こちらは標準語。しかもあまり年寄り臭いキャラクターではない


びっくりするかもしれないが、この人の声自体は随分前に聞いていた。そう『セサミストリート』のクッキーモンスターやカウント伯爵、オスカーなどの声で聞いたのである。どんな声だったか忘れてしまったがすくなくともマイクロン伝説の司令官みたいな声ではなかった
『マペット放送局』のカールはどちらかというとクッキーモンスターを連想させるような声だった

一番驚いたのが『戦国BASARA』の徳川家康公
こう書けば、ラチェットのとっつぁんみたいな声だと先入観を抱くかもしれない
しかし実際のところ、今まで挙げたキャラクターよりも声が高い
それもそのはずである
その家康公はまだ若いのだ

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
07 2017/08 09
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]