忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[1494]  [1493]  [1492]  [1491]  [1490]  [1489]  [1488]  [1487]  [1486]  [1485]  [1484

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




私に憑依した小ネタ後編
この辺は授業後数日間練った

「うあぁぁ!」
ゴーストフリークは苦しみに包まれ、胸を手で割くように開いた
そこへマックスの車がやって来た

悲鳴をあげるゴーストフリークの胸からは緑色の光が溢れ、ワイルドヴァインがぼとっと落ちた
ワイルドヴァインは身体を打ち付けそうになる前に、伸ばした指を車のアンテナに巻き付けた
少しむせた後、ワイルドヴァインは「やっぱりチームワークが重要だな」と言い、ゴーストフリークは合体出来ないと悔しがり、グウェンに憑依しようとしたが、ワイルドヴァインがグウェンをゴーストフリークから離したため失敗した

「いい加減降参したらどうだ」
ゴーストフリークは触手をワイルドヴァインの両腕に巻き付けたが、棘で痛々しいまでに裂かれた
悲鳴を上げたゴーストフリークは、触手の奥から先程の拳銃を出した
「お前らしくない武器だな」
バズン!
弾はワイルドヴァインには当たらず、彼の後ろの車のエンジンに命中していた
「次はお前の大切な人だ」
「…………………わかった」
「そう、いい子だ」
ゴーストフリークは邪悪な笑みを含んだ声で言って、ワイルドヴァインの胸に近づいた
と、その時だった
「隙有り!」
ワイルドヴァインは素早くゴーストフリークを抱えこんだ後、ゴーストフリークの脳天を地面に叩きつけた
「★×*√※_☆!」
「よっしゃ!ブレインバスター決まった!」
「でもそんな技どこで覚えたの?」

「フォーアームズが教えてくれたんだ」
ガッツポーズを決めてそう言うワイルドヴァインの胸が赤く光りだした

ベンが元に戻った時、のびていたゴーストフリークがゆっくりと起き上がった
「隙有りはどっちだ…」
よろよろとゴーストフリークはベンに近づき、オムニトリックスを強制的に緑色にした
ベンの顔に不安が浮かんだ
ゴーストフリークはベンに憑依するかと見えたが、大人しくウォッチの中に入っていった
ゴーストフリークは力ないながらもニヤリと笑った
しかし、グウェンがサンガンを構えたのを見て、ゴーストフリークはウォッチの中へ入っていった。
ウォッチにはゴーストフリークのシルエットが見えた

「“今日”は降参したな」
「まぁな」
ベンの頭の中にゴーストフリークの声がした
「でも今度騒ぎを起こしたらただじゃ済まないぞ」
ゴーストフリークのやや明るい笑い声が夜の空に響いたと、ベンとグウェンは感じた

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]