忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[1]  [2

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




さよなら言わないわ

愛してやらないわ

愛してるなんて言ったらね、一生縛られる チャンチャンチャン


愛してやらないわ

捨てたくなった時のこと

考えてたら

愛する気が失せた チャンチャンチャン


でも実際はこうはしないかもね。
ダッキュラ伯爵がケンユー大先生だなんてほんとかな。

拍手[0回]

PR



あさっては母の日です。

お母さんに何をしてあげましょう。

おいしいものを食べさせてあげましょうか。

おしゃれなスカーフを買ってあげましょうか。

あっ、そうだ。

真っ赤なカーネーションを買ってあげましょう。


ソニックXのクリームをヒントにしました。
今日、ブックオフで1時間近く長居しました。フランケン買わずに。1時間のほとんどは遊戯王読むのに使いました。その時ソニックの単行本を見つけました。小学館から出版されていて(ブースの位置から考えるとコロコロコミックに掲載されていたのでしょうか)、画風は気に入らなかったけど、ネタはいくつか気に入ったところがありました。シャドウも出てたしね。

拍手[0回]




昨日話題にした、私が詠んだ川柳・俳句(一部改変あり。すべてフィクション)




花吹雪

亡き母想い

涙雨





桜の下

静かに眠る

我が友よ

これ幸なりと

余思い直す



血吹雪を

見て思い出す

亡き父の

斬られなくとも

赤花くわえ

白桜
血に墜ちしとき
赤くなる

花咲きし
根に眠るは
我が友よ

風が吹き
我の代わりに
桜哭く

懺悔室
いくら嘆くも
闇の中

根暗だ私(笑)

拍手[0回]




ピアノを弾くように 私は話を書く
ピアノを弾くように 私は詩を書く
たとえ弾けなくても 私は ピアノを弾くように 文を書く

拍手[0回]




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061202-00000054-mai-soci

まずこの記事を読んでもらいたい

腱鞘炎になるまで伝票を破らせまくるなんて、ひどい話である。

『技術の未熟な若者や動きの鈍い人などが狙われるらしい』-生産第一主義の暗部を見たような気がした

こういうのは、法的措置を取れるのもあるらしい。

以下は、そのニュースを受けて即興で作成した詩。

***************************

のろまだからっていじめるなかれ。未熟だからっていじめるなかれ。

気づかずにやりすぎると、その人の人生をも潰しかねない。

やりすぎると、友達いなくなることだってある。

それだけじゃすまない。下手したらいじめられた側よりひどい苦痛を与えられ続けるかも。

いじめられた側が怨霊になって永遠に復讐することはなくても、

どこへいっても―たとえ、会社の名が知られてないところへ行っても―白い目で見られるってことなら十分かんがえられるでしょう。

STOP,いじめ。NO MORE いじめ。

こういうのが世界共通語になると、悲しいでしょう?

気持ちはわからなくはないけど、一度は考えてみる価値は大いに在るんじゃない?

拍手[0回]




この学校に入ってよかった
昔の様に相変わらず独りぼっちで独りぼっちじゃないけど、恐れる物が何もなくてよかった
カーテンの間の日だまりの中でとろけるのも幸せ
たとえ自分が変人やマイノリティでも、受け入れてくれる人がいてよかった



*********
学校で違法ドラッグネタの啓発ビラもらって|||(-_-;)||||||でした(あれ苦手。精神が参っちゃう)
講習の時は思い出して|||(-_-;)||||||×3でした
でも、今の気持ちを聞いてくれる人がいてよかった

その気持ちを詩(?)にしてみました

拍手[0回]




あなたが生まれたこと
あなたが生きていること

それは小さいながらもれっきとした奇跡

そしてあなたが幸せであることも

そしてこの世界があることも

拍手[0回]




恋する女の子は可愛らしい
そして醜い
自分の大切な人に近付いている時ほどね

恋する女の子は迷惑だ
だって自分の好きなもの取られるし、はたから見たらおかしいし
それに騒動の種になる
最悪の場合取り返しが付かないかも
でも恋することは世界をも変える―ほら、世界がちょっとよくなった

♪♪♪♪♪♪♪♪♪
もしもトランスフォーマーにキスぷれとは違う、低エッチ・ラブコメ系の少女漫画みたいな恋愛中心のシリーズがあったらいいなと思っただけ。ナレーションをイメージしました。
声は中原麻衣か釘宮理恵がいいかしら。…沼田祐介や間島淳司もありかな(笑)
なんだったらHARCOもいいよね(爆)
あの青い声で『スタースクリームはマライア(適当に考えた)にラブレターを渡しました』って言ってみたら…
ようはロリ声や青い声がいいってことかな

拍手[0回]




私は時々考える
あの子とあの子をくっつけてみよう
あの子とピアノにゆかりを持たせよう
その子とくっついてみよう

たとえどんな結果になっても


声は高低差が激しい方がいい
男と女
それが理想的
でもボーイソプラノの場合は
男と男
頑張ってねえ
男として開花できるといいね
伴侶として開花したら…おもしろいかも

さらに官能の輪、広がる




***************
フリーテンポの同名の楽曲の感想からの展開
まさかここまでエロスに走るとは;;;
ファンの皆さんごめんなさい

拍手[0回]




今日は保健室の世話になった
リディーちゃんを連れてった

現国すっぽかさざるを得なかった
布団の中は寒い

でも、しばらくすると暖かい


ただ今合唱部の歌が流れてる
我らが(やめたけど)放送部脅されたのかな((;゜Д゜))
んなわけないか。ただ単に全国行っただけだったからか(笑)

拍手[0回]




あたしはあなたにおぶってもらいました

高い 高い 高い

世界が全く違うように見えました

でも一番幸せだったのは、あなたが喜んだこと

30分間だけの世界

この上なく儚いけど、幸せな世界

拍手[0回]




私はいつもテレビに映っている

何か事件があると絶対だ

映ったためしのない同僚もいてうらやましがられるけど、辛いよ

特に私が運んだ人が亡くなられたと聞いたときは

あと、私の目の前で人が亡くなっていくのも

 

でも、助かったとわかった時はとても嬉しい

でも、助かったからといって幸せとは限らないみたい。

************************
たった今テレビでオウム真理教(いまはアーレフになってるけど)についての特集で、95年の地下鉄サリン事件の映像を見て思いついた詩です。
ambulanceは救急車のこと。私の好きなね。

拍手[0回]




甘い蜜が、喉を通る
すきとおってさらさらした蜜
白いモノを口の中へ
キスをしたような感触だ
いや、もっとエロチックな―なんだろう
噛み潰すのが惜しい
でも噛まねば

拍手[0回]




ああ、おわったのだ。

メテオはもう降ってこないのだ。

みんなうかれてるのだ。

『ざまあみやがれメテオス!!!』とか
『これで安心して飯が食える』とか

 

でもまあ、メテオスもメテオスでいいことやったのだ。

 

それは、この惑星を想う気持ちを復活させたこと

あと、惑星同士の結びつきを強めたこと

この2つだけだけど、十分偉大なことなのだ

さんきゅーなのだ

あ、このことみんなには言わないでね、袋叩きにされるから

 

この詩の中のジオライト星人は、べつにメテオスに憑かれているとか、メテオスマンセーといった考えの持ち主ではありません。
ただ、素直に想っただけのこと。(実を言うと、私の後日談的世界観もあるのです;)

拍手[0回]




ちひさきものよ
ここにいてはならぬ
ここは地獄ぞ
踏みつぶされるぞ


地下鉄の中にいた虫を見て思い付きました
結局バッドエンドorz

拍手[0回]




遠くから祭囃子が聞こえてきます
いまそれを聴きながらこれを書いています
数年前とちっとも変わってません
私は変わっても、この音は変わらないのですね
ホホイのホイという歌声(明らかにテープかCDとわかるような)と雷鳴とも太鼓の音とも区別のつかない音

今、飛行機がこの辺を走りました

見えない祭りに参加する私が、今ここに、います

拍手[0回]



カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]