忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

お久しぶりです。
友人とコスプレサミット行ってきました。
8月6日は何回もコスサミ行ってる気の置けない親友と。
8月7日はコスサミ初めての知人を連れて行きました。

始めて行った時よりも人が著しく増えており、炎天下だったこともあり、いずれの日も日没前に撤収しました。

他にも気になった点および改善提案をいくつかあげます。

emoji撮影で通路が狭まってしまった。(栄・大須)
私もつい通路や出入り口前などでやってしまいますが、それやった後に罪悪感を感じるのも事実です。
また、大ホールで別のイベントが同時開催されていた愛知芸術文化センターのロビーや喫煙スペース周辺にも、レイヤーさんたちや撮影者がたくさんおられました。我々がカフェで休憩した後、戻ってみたら、人数が膨れ上がっており、中に入るのが難しいと感じました。(そこで出会ったレイヤーさんはいいよと仰ってくださったのですが、さすがに芸文センターのロビー内での撮影は自粛しました。)
改善提案として、ポケモンGOの時のように、撮影禁止エリアを明確化するということを挙げます。オアシス21内の通路には「撮影はご遠慮ください」という張り紙がしてありましたが、あの文面だけでは「上からの撮影がNGであり、ここでの撮影ならOKだよね」という風に誤解されません。(実際同行していた友人はそのように解釈していましたが、その後の混雑を見て通路での撮影自体を禁じていることに気付きました)
もっとも、大須の時点ではこのことが幾分か改善されたようであり、大須観音の門には「通路での撮影はご遠慮ください」と張り紙がしてありました。(それでも屋台に近づけないくらい混雑していましたが)

emoji運営側スタッフの存在がわかりにくかった。(栄)
私はオアシス21で3点ほど落とし物を見つけ、スタッフに届けようとしたのですが、それ以外の人(記者も含む)でごった返しており、結局不動産屋の屋台まで届ける羽目になりました。
大須はパレードの見張りの方や給水所や救護所にスタッフの方がいたため、まだわかりやすかったです。栄も救護所が目立っていたらなあ。
emoji椅子が少なすぎる(栄)
飲食店の外にある椅子に座ればいいのでは?と思う方もいるでしょう。お店の利用者と間違えられて声をかけられるのは非常に恥ずかしい上に申し訳ないため、私はその方法は忌避しています。
ジベタリアンを減らすためにも、せめて椅子は用意すべきだったかなあと
我々が折り畳みの踏み台を用意すれば済んだ話かもしれませんが。

emojiきわどい衣装のレイヤーさんがいた(栄)
何をいまさらという方もいるでしょうし、表現の自由を侵害すると考える方もいるでしょう。もっとも、衣装のきわどさにひいたのは私ではなく友人(男性)でした。撮影する側も老若男女・国籍様々なので、私の友人のような気持になった方もほかにいたのではないかと考えています。
その一方、肌色の七分のシャツを着たうえで黒いドレスを着た方もいらしたので、このような方法をSNS等で周知するというのが改善策かもしれません。ちなみに、ディズニーランドのハロウィンイベントでは、肌の露出するデザインの仮装は禁止されているため、「肌色の下着を服の下に着る」「上着を羽織る」「厚手のタイツを履く」といった対策がよく知られています。
仮装される方で、どうしても心配な場合は、ディズニーやUSJのハロウィンイベントのルールを参考にし、夏向けにアレンジした衣装にするといいと思います。あ、そうそう。ドンキホーテでピカチュウとかリラックマの全身パーカー売ってましたんで、それを買うのもありかと。



でも、楽しかったな。また来年もいこう。

拍手[0回]

PR



あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

もうこのブログ開設してから10年?もしかして
早いなあ。
いろいろありすぎたなあ

拍手[0回]




タイトルは今の気分。ピクシブにTFの二次小説をアップしました。

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6055303

いやはや、二次創作をやる人が多い理由が少しわかった。
世界観がもう出来上がっちゃってるから、そこで知恵を絞る必要が一次創作の半分ぐらいなんだ。

シーンだけ書くのは楽。それをどうつなげるべきか頭を使うのは大変だけど。

拍手[0回]




いやはや、就職してから1年で辞めるとは、情けないもんだね。

話しを変えよう。

えー、今日はタートルズを見てきました。このところアメコミ映画ばかり見てきました。
大まかな感想は、「破壊大帝ベイトロンの勢い衰えず。娯楽作品として良かった」。

ベイトロン関連作品にはよくあることなんですが、今回も疑問点・不満点がありました。続篇で語られるのかなあと思うけど
あ、そうそう、○○時の方向に××という言葉が多かったなあ。

拍手[0回]




いつもの一緒に行っている友人とともに、アメスパ2(3D&IMAX字幕)見た。
遅い昼食とお茶で胃がもたれている。
帰りはメロンブックスで名探偵マーニー1を購入した。メガロックカーニバルEXは気に入っている原曲があったが、試聴してから判断したいと思い購入は見合わせた。(今試聴しているが、職場での作業には不向きな曲が多い。)

本日のBGM:Robokabuto『Time Limit』



拍手[0回]




マイティ・ソー:ダーク・ワールド見てきた
なんかへらへらしながら見てしまった。下ネタは特に
駄作ではないんだけどな。
3D×IMAXの迫力には飲み込まれた。



近くの劇場ではアイマスの観客が流れるように出てきた。チケット売り切れたところから見ると愛されてるんだな。
ソーは終わり掛けかガラガラ。荷物占拠しても怒られないかもしれないくらい

拍手[0回]




この人を初めて知ったのは『テニスの王子様』の乾貞治である。コンピュータの如く感情を抑えて話すところはなかなか興味深い。
もう一つの代表作である『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』シリーズの海馬瀬人は高圧的な乾といっても過言ではないのだが、ここまでくるとノリノリだなと思えてくる。
これらのキャラクターを見た時私はてっきりいつもああいう感じの声だろうと思った
ところが、いつもそうとは限らない役者だった
『家庭教師ヒットマン Reborn』のスパナは声自体は乾そのものだが、感情が少しこもった、やや独特のしゃべり方をしている。それでいて大人ランボと兼任しているわけだから、演じ分けには頭が下がる
『ロックマンエグゼStream』のカバセは一度きりの登場ながら、目立ちすぎず、下衆な悪役として、癖の強いキャラクターとなっている。ダーク・ミヤビ役の小野健一氏とも対照的で面白い



拍手[0回]




あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします

年末は胃腸風邪で七転八倒でした

拍手[0回]




パラッパとウンジャマラミーでハロウィンの二次創作を書きました。っhttp://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2989866

いやー、久しぶりだなこういう二次創作書くの。
書いてるときひやひやした時がありました。パラッパのキャラクターはみんな好きで、花を持たせたい(モブで登場するならば、バッドエンド以外の素敵な場面に出したい)ぐらいでしたから。
だから、こういうのを見たときはすごく心が痛みました(※パラッパではありません)。原作を愛する人をその中で断罪する人がいたときは正直あきれました。(他ジャンルでも類似事例はありましたが。)
もしこのようなとらえ方をされたらどうしよう。すごくひやひやしました。

でも、案ずるがより産むがやすしだったようです。


拍手[1回]




朝トイレに行こうとしたら、トイレの窓から虹が見えた。
思わず母に声をかけ、トイレの隣の部屋で見ると、二重に虹がかかっていることに気付いた。

(水滴があるのは屋内から窓を閉めて撮影したため。さすがに母のように屋外に出て撮影する勇気はなかった。ipod便利だなー)

キレイダナー


よく見ると、もう一つの方の虹は、色相が逆になっていることに気付いただろうか。

拍手[2回]




とらのあなわず。
移転したと聞いて行ってみたがちょっと遠回りしすぎただけだった
駅裏だと聞いたけど、ずいぶんとオタクっぽい一角になったなあ
同業者はいるし、近辺にコスプレ専門店やメイド喫茶店はあるし

寂れてると聞いたから立ちんぼいるかと思ったけど立ち食い呑み屋とかキャバクラがあるくらいだった(後で父に立ちんぼ=街娼に会わなかったことを話したらそんなんは今いないと言われた)


駅裏再開発のえかげかな

拍手[0回]




タイトルは、7月5日に放送された『クレヨンしんちゃん』のサブタイトル。
冬に作られ、冷凍庫の中でしんのすけに遊んでもらえる日を待ちわびつつも、忘れ去られ、冷凍食品の下敷きになった雪だるまが行動を起こす話。

タイトルと大まかなあらすじを聞いたときは、興味をそそるほど恐怖感があらわれており、10年以上前と変わらないおもしろさも期待しながら見ました。



結果、期待通りだった。

本日のBGM:Melty Bloodより白レンのテーマ『Fairy Tale Transparently 』( Actress Again 版)


真夏の雪だるまemoji真夏の雪原emoji白レン


拍手[0回]




今モリコロパークのレゲエピクニックにいる
心臓に響くビートだ
子どもたち平気だなあ
複数人数乗れる乳母車が今の時点で3台確認済み

しかし何を食べたら大丈夫なんだ(現状タピオカサイダーとジャークチキンの屋台は行列ができている)

今度は誰か知り合いを連れて且つ折り畳み椅子かビニールシートを持ってこよう



拍手[0回]




タイトルは、ロボット工学の用語。ホラー映画のタイトルでも、谷さんという人の二つ名でもない。簡単に言えば、「ロボットは人間に似れば似るほど親近感を持たれるが、ある点に達すると嫌悪感に変わってしまう。しかし、その点を越え、人間と見分けがつかなくなるとより親近感を持たれる」というもの。もっとも、今ではCGの分野でよくつかわれる言葉だが。

現在放送中の中国製アニメ・トレインヒーローは、まさに、不気味の谷へ突っ込んだアニメである。実際、アニメをさほど見ない私の妹は、そのアニメを偶然目にしたとき、きもいと嫌悪感を示した。別にロボットのキャラクターのデザインが悪かったのではない。問題は人間のデザインだった。中途半端にリアルだったのである。ナレーションは早口で、父は聞き取れなかった

ロボカーポリーも同じく3DCGであり、こちらは韓国製。しかし、こちらは人間のデザインはあたりさわりはなく、親しみやすいデザインである。課題は描き分けか


3DCGに嫌悪感を抱かれないためにはどうすりゃよいのか。
ちょっと考えてみた。

1.人間のデザインをちょっとデフォルメしてみる

前述のロボカーポリーがこれに当てはまる他は、トランスフォーマープライムや多くのMMDモデルも該当する。プライムの方は、カートゥーン寄りのデザインになっている。(特にラフとかサイラスとかファウラー捜査官とか)

2.特定のもののみに3DCG使ってみる
トレインヒーローの前に放送されているジャイロゼッターがこれに当てはまる。このアニメは人間が平面で描かれているのに対し、車両やジャイロゼッター、岩山など無機質なものは3DCGで描かれる傾向にある。トランスフォーマーシリーズならギャラクシーフォースがあてはまるか。(スーパーリンクはトゥーンレンダリングなのでちょっと違うかもしれない。スパリンみたいなパターンは意外と多い。)

3.もうギャグに走ってみる。

下ネタ注意
MUGEN注意



おあとがよろしいようで。

拍手[0回]




この人を初めて知ったのは『伊東家の食卓』のP子ちゃん
このキャラクターはかわいらしいパソコンなのだが、どこか色気を感じさせる役である
『トリコ』の節乃は優しく親しみを感じさせるおばあさんである

これらのキャラクターとは対照的に『ナチュラルボーンキラーズ』のマロリーは、ビッチと形容したくなるほどダーティーで情熱的なキャラクターに仕上がっている。相方であるミッキーはあまり声を荒げないタイプなので、より一層彼女の気性の激しさが際立つ


拍手[0回]




イギリスのBBCのテレビドラマ、『SHERLOCK』が地上波に上陸したので、録画して見た。
まだ途中だが、事件の真相云々以前に、ホームズの人物像に思わず母と二人で笑ってしまった。
いや、面白おかしく改変しているんじゃない。
なんというか、ワトソン君もそうだが、「お前本当に失礼だな」という感じだ。人のトラウマをえぐるような会話が笑えてしょうがない。
で、見ていてどうもホームズ発達障がいじゃないかって疑いたくなるんだ。ほんとほんと。
原作(ドイル卿の小説のほう)のほうでも、どうやらそうだったのではと見ている方もいるようだし。(参考:http://hs-cl.com/free/pdd)



もっとも、ホームズを参考にしたとされる(参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q109004545)、デスノのLも発達障がいが疑われる。猫背であることも、何か関係があるのかもしれない。

追伸:どうやら海外でLが自閉症ではと疑っている論文が見つかった(http://www.oknation.net/blog/print.php?id=123109)

拍手[0回]



カレンダー
07 2016/08 09
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]