忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[578]  [577]  [576]  [575]  [574]  [573]  [572]  [571]  [570]  [569]  [568

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「こういう静かな海っていいよなあ」
僕は側に座っていた清美に声を掛けた。
「まあね。人の多い海も好きだけど」
僕たち二人は目の前の景色を楽しんだり、海水を掛け合ったりした。男二人と聞くと空しいかもしれないけど、僕たちにとってはそうは感じなかった。
僕たちが貝殻を拾っていた、その時だった。
大きな波が僕たちを飲み込んだ。
清美はすぐに助かったが、僕は沖まで流された。
その場にいたサーファーが僕の方に向かって行くのが見えた。

泳ぎのうまくない僕は、常に立ち泳ぎ状態だった。

「ゆうちゃーん、頑張ってぇ」

清美の声がした。僕は手を振ろうとした。しかし力尽きたみたいだ。体が沈んでいく。

―いや、何かが僕を持ち上げている。波なのか?―いや、違う、手だ白い手が僕を運んでいるのだ。

手は僕を持ち上げながら、波打ち際まで運んだ。

「ゆうちゃん

ああ、キヨが暖かいからだで僕を抱く。
キヨの涙が僕の体に降り懸かる。


「よかったな、お前、生きてて」
サーファーの目は泪で潤んでいた


ふと、土産屋の建物に目をやると、建物の側に小さな祠があった。
二人で近付いて見ると、道祖神の様だった。
土産物屋のおばちゃんの話によると、死者の多かったこの海に、祠をたてたらぱたりとでなくなったとのことだった。

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]