忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[519]  [518]  [517]  [516]  [515]  [514]  [513]  [512]  [511]  [510]  [509

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




それからまたすぐ電話がかかって来た。また『ルカ』だ。
しかも、あいつの背後から流れるメロディー…竜彦は背筋がゾッとした。このメロディー、自分のマンションの前の信号機じゃねえか。もうそこまで来てんのかよ。足音が段々重くなって来た。

チェーンソーの音がスネアドラムのように竜彦の耳に染み込んで来た。

『今ねーあなたの部屋の一つ下の階なのー♪』

そこで電話が切れた。

竜彦はDVDが点けっ放しだったことに気付いた。

画面には、口を血に染めたゴスロリ・ガールがチェーンソーを赤子のように抱き抱えながら階段を上っていた。

また電話が鳴った。

竜彦は完全に諦めていた。

『私ルカ』

『今、俺の』

『私の』

二人の声が重なった『後ろにいる…』

と、そこで電話が切れた。ドアを見ても誰もいない。テレビから落語が聞こえて来た。

振り返ると、落語が放送されているテレビ画面の下部に『このディスクは再生できません』の字が。

竜彦は胸をなで下ろした。

結局そのDVDの代金で別のDVDを借りることにした。今度のはギャグアニメ。これなら辛いことなど忘れられそうだ。

最後のシーンは実体験より。
ある声優の声をヒントに書きました。

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]