忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[727]  [726]  [725]  [724]  [723]  [722]  [721]  [720]  [719]  [718]  [717

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




今日、ある繁華街で火事があった。近くに電話ボックスがあったので、携帯の存在を忘れて僕はそこに入った。
パッ、ポッ、パッ。
僕は119番を押したつもりだった。
しかし、出て来たのは懐かしいけどどこか奇妙な声だった。
「ジルバ、ねえジルバなの?」
僕はその声を忘れた筈なのに、その声の主を呼んでしまった。
「しあら、しあらなのか!?」
「ええ、そうよ!あなたの恋人の、磐田しあらよ!」
聡明ながらも悲しさを秘めた声はそう叫んだ。
しあら-確かに彼女は僕の恋人だ。でも、彼女は2年前に、今回のような火事に巻き込まれて死んだ。あの時僕らがもっと早く駆け付けていれば-
「君は、死んだはずだろ…?」
僕は力が抜けたように尋ねた。
「ええ、確かに死んだわ。今は霊界からこの電話をかけているの。」
僕は聞いてはいけないことを聞いてしまった。
「霊界ってどんな感じ?」
「行けば分かるわよ」
その声とともに受話器から手が伸びた。
僕は慌てて電話ボックスから出た。手は追って来る。
「あたしに会いたくないの?」
手はおどろおどろしいほど干からびているのに、声は美しく悲しげだった
「僕はまだ死ねないよ!」
僕はとにかく走った。気がついたら目の前にはKEEP OUTのテープが何重にも存在していた。
「遅いぞジルバ。」
この声はすぐにわかった。僕の弟のジャンだ。近くからはサイレンも聞こえる。
手もいつの間にかこなくなっていた。
僕らは取りあえず消防隊員の手伝いをした。

シャドウ(ハリネズミの方)のことについて考えてたらできた作品。
ちなみにこの作品の主人公は単なるおせっかい焼き。弟はツッコミ役。

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]