忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[1743]  [1742]  [1741]  [1740]  [1739]  [1738]  [1737]  [1736]  [1735]  [1734]  [1733

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




昨日、日本学術会議の金沢一郎会長が、ホメオパシーについての会長談話(PDF)を出した。

ホメオパシーとは何のことやらと言う人のために(私なりに)少し説明すると、植物・動物組織・鉱物(場合によってはトリカブトや水銀も含む)を、水で100倍に薄めて振盪(しんとう、脳振盪のしんとうといっしょです)する作業を10~30回繰り返して砂糖玉にしみ込ませたレ目ディーを服用するタイプの民間療法(代替療法ともいう)である。
なぜ問題になったかと言うと、ビタミンK2シロップではなく、その件の砂糖玉を服用し続けた新生児が亡くなり、その砂糖玉を与え続けた助産師が訴えられたという事件があったからだ。
会長談話では、10の60乗分の1に薄められてしまえば、元の成分が残っているわけがないとのことだった。
それを踏まえて私は家族に、そのレメディはプラシボに使えるのでは?と尋ねた。そしたら、あの砂糖玉は不向きで、使うんだったら乳糖とか無害なのを使うのらしい。
で、朝日新聞1面記事を読んだら、なんだかホメオパシーって、おかしいなと思い、家族にもそのことについて意見を求めた。そしたら、私と同じく「化学物質は体に悪くて、自然のものは体に良い」という宗旨の宗教だという意見だった。そして、彼は宗教は麻薬じゃーと例の決め台詞を吐いた。


まあ、だけど、このような民間療法をやるんだったら、西洋・現代医療への肯定を忘れないことも重要だと思う。
でなきゃ、病院へ行かずに子の砂糖玉を飲めば治るってのはどこかおかしいもの。

宗教と同じならば、のめりこみすぎずに。されど、信仰は儚き人間の為にあるのだ。

あれ?いまだれか今敏先生の訃報にホメオパシー騒動のことを結びつけてないか?おい。

拍手[2回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

無題
確かに西洋医療も東洋医療も完璧ではありません。ですが、ホメオパシーは、大昔の薬はほとんど毒に近いようなものだったので、百倍希釈を百回(薄めすぎて完全に無意味!)も、むしろ逆に効用(実利)があったらしい――というものだったそうです。
アドゥー 2010/08/31(Tue)23:55:50 編集
Re:無題
こんばんは。拍手の方にもコメントありがとうございました。拍手のほうとまとめてコメントさせていただきます。
毒にも近い大昔の薬をすっごく薄めてまた百回薄めたら、労力は報われるものの、実利はないのは確かだと思います。(水が持つ記憶と言うのはあまりあてにしていません)
管理者:吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり) 2010/09/02 22:07



TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]