忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[700]  [699]  [698]  [697]  [696]  [695]  [694]  [693]  [692]  [691]  [690

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




あと1話で死の連作は終わります
死にネタ他にもありました<(__;)>

話を聞いたエリは、早速唯子を連れて、自分は例のトイレに入った。
先ほどの子が飛び下りてきてエリに先ほどと同じ質問をした。

エリは怯えずにされどしとやかに鬼ごっこを選んだ。

しばらく沈黙が流れた。1分ほどしてエリが出てきた。そのときドアは隙間を開けていて、そこからニューッと血まみれの手が伸びてきた

唯子は腰を抜かしたが、エリはうっかりながらも、その手を挟んでしまった。

「あら…ごめんなさい。でもどうすればいいのかわかりません。」
エリは残念そうにこう呟いただけだった。
と、そのとき、きつそうな女の先生がやって来た。生活指導の山手先生だ。
「ちょっとあんたたち!」
「や、山手先生!」
「あんたたちいいかげんにしなさい!」
「でもほんとに…」
唯子は言いかけたが、ここで鐘が鳴ってしまった。

*********
その日の夕方、先生は無意識に例のトイレへ入ってしまった。
“あの子”は待ち受けたように声を掛けた
「おにごっことおままごと、どっちがいい?」
先生は声を荒げた。
「うっさいわね!おままごとにするわ!」
とたんに包丁が先生を一直線に貫いた。
“あの子”は倒れた先生の上にのし掛かり、足で腹を踏みにじった。
「うふふ、とうとう来たわね。あなたがここに先生として来てからずーっと待ってたわ。」
「死亡か。何でここにいるの?殺したきゃその日に殺せばいいのに…」
「出たばかりの芽を潰すのは気が引けてね。」

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]