忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[311]  [310]  [309]  [308]  [307]  [306]  [305]  [304]  [303]  [302]  [301

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




幼馴染と同じ高校に入学できて嬉しい。
されど、そんな思いが続いたのは昨日までだった。

 

 

 

入学式。私は幼馴染である圭、そして彼が高校で知り合った、孝也という少年と桜舞い散る中を歩いた。

「へえ、幼馴染なんだ」

美少年とはいえないが、孝也の笑顔はとても素敵だった。

「そうなの。孝也君って、同中いる?」

「ううん。」

しまった。笑顔が消えた。

私は気まずくなったが、孝也はまた笑った。

「でも友達ができて嬉しいよ」

私はほっと肩をなでおろした。

と、その時、圭は大声を上げて手を振った。

その先には、うちの高校ではない制服を着たツンツン頭の少年が歩いていた。

「誰に手ぇ振ってるの?」

孝也は圭に尋ねた。

「涼君よ!!崎村 涼って子!! 月原学園の!!私のメル友なの!!」

私は思わずうつむいてしまった。

しかし圭はそんな私にはお構いなしで、きゃあきゃあ騒ぎ続けた―と思ったが、一瞬凍りついた。

「どしたの?」

孝也は圭の顔を覗き込んだ。

「ひどいわ、ひどいわ。許せない…。彼女がいたなんて…。あ、キスしてる!!!ひどいわ、ひどいわ!!!」

まあまあと孝也がなだめるも、当の本人は、怒りが収まらないようだった。怒りたいのはこっちなのに…。

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]