忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[759]  [760]  [757]  [756]  [755]  [754]  [753]  [752]  [751]  [750]  [748

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




グロネタやってみました。毎度毎度申し訳ありません。
買ってきたホラー小説はあまり参考にはしていません。
吸血鬼ものの方は、女性向けの作品でないことはわかりますが(卑語が結構使われていたし、実際エロ本同然だとは感じました)、スリルがあって面白かったな。
でも、スプラッタホラーの方は、生理的にあまり好きじゃなかったな。いくらヨーロッパ文学の香りがするからって、いい本とは限らないということはわかりました。


山崎爽太(そうた)は、双子の兄の爽生に寄り添って、音楽室のベートーベンの肖像画をじっと見詰めていた。
「奴の顔に何かついているのか?」
「ついているもなにも…」
爽太はベートーベンの瞳孔を指差した。
「わっかんねえなあ」
「この角度ならわかるよ」
爽太は10度右に回った。爽生もそれについた。
「…もしかして、これのことか?」
爽生は白々しくたずねた。
爽太はうつむいたままうなずいた。
「………んなのただのいたずらに決まってるだろう」
「どうしてわかるの?」
爽生は肖像画を壁からおろした。
「ほらよ」
彼は肖像画を裏返した。
目の位置には、画鋲が二つ。
爽太はなあんだ、とがっかりした声を上げた。
爽生は肖像画を戻そうとしていたその時、何者かがガラリと乱暴に戸を開ける音がした。
「げっ、ザマスだ!!」
2人は同時に声を上げた。
ドアの前にはザマスこと―音楽の授業の担当である座間澄子が鼻息を荒くして、ずっしりと立っていた。
「山崎君、何をしているザマス!!」
「えっ、あの、その、おいらたちは…。」
「ベートーベンの目について語っていたところなんです」
爽生は颯爽と出てきた。
その場にいた生徒たちはそうだそうだと叫んでいた。
「言い訳はよすざます!」
座間はベートーベンを爽太からひったくると、ぶつぶつ文句をたらしながら肖像画にささっていた画鋲をピン、と抜き取った。
とたんに、澄子の涙腺からスプレーペンキのようにブシューッと血を吹いてバタンと倒れた。

あたりは騒然となった。

かくして、ここの学校にまたひとつ不思議、いやタブーが増えた。

『肖像画にいたずらをしてはならない。いたずらの後処理もしてはならない。後処理をしようとする、肖像画と同じ目にあう。』

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
02 2017/03 04
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]