忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[820]  [819]  [818]  [817]  [816]  [815]  [814]  [813]  [812]  [811]  [810

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




田辺久太はクラス一の美少女、王城笑花にラブレターを渡そうと、彼女の後を付いてチャンスを伺っていた。しかし彼女はなかなか距離を縮めてはくれない。やっとの事で距離が縮まったそのとき、彼女は屋上のドアを開けた。
そこには純白の鳥の羽を生やした男が立っていた。
黒人的な癖毛に細い眉、少しきょろっとした目ながらも真面目そうな顔は空を見ていた
彼は二人の存在に気付くと慌てて羽を引っ込めた
「土井先生、大丈夫です。僕らはみんな先生が天使であること知ってますから。」
土井は顔を赤らめて気まずそうに俯いたが気を取り直して尋ねた。
「それより、どうして君達はここに?ここは関係者以外立ち入り…」
突然笑花が走り出したので土井はびっくりしたが、彼女がフェンスによじ登り出すと、すかさず彼は地面をけって羽を出した。
「そんなこと」
笑花はフェンスを蹴った。体がふわりと浮いた。
「先生には」
笑花のからだは垂直に落ちていった。
「関係ないでしょ」

土井は落ちていく笑花の体をお姫様抱っこした。
「なんで、何で助けるの、あたしの言ったことが聞こえなかったの」
「聞こえたよ。でも生徒の命を守ることは当然のことだ。なぜなら君達は私の大切な生徒だから」
2人の下2mには、白い羽根が降っていた。
屋上にいた久太の顔にも白い羽根は当たった。


拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]