忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[688]  [687]  [686]  [685]  [684]  [683]  [682]  [681]  [680]  [679]  [678

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




実を言うと、葬式ネタやろうとしてしくじったことがあります。

今回はちょいスプラッタ。


 今日は丸山伸子の告別式だ。黒い服の人々が、悲しそうに揺れている。その中に、場違いな一人の白いロリータガールがいた。奈は浮元志穂。彼女は遺影の人物に生前殺された。
参列者達は遺影の人物に対し、「いい子だったのに」とか、「あの可愛い子が」ともらしてくる。クラスメイトもほぼ全員見かけた。志穂はそいつら全員殺したくなった。
でも、そんな気持ちは顔には表さなかった。その代わり、にやりと笑って、棺のあるところへ向かった。

 遺族の最後の対面を迎えようとしたその時、棺のふたがバーンと垂直にぶっ飛んだ。当然遺族は腰を抜かすわ、周りはパニくるわで、その場にいた斎場の職員まで慌てふためいた。
 「の、のぶちゃん!?」母親は、腰が抜けた状態で後ずさりした。
「わたしはねえ、丸山伸子じゃないの。おばさん。浮元志穂って言うの。」丸山伸子の死体―浮元志穂は、起き上がってこう言った。
「あんた転校したはずじゃ!?」
「何でここにいるんだ!?」
「殺されたのよ!このXXXXにねえ!!」そういうと、志穂は伸子の遺影を引きずり倒した。伸子の母親は、狂ったような叫び声を上げるとそのまま気絶した。
「ちょっ、今ちゃん怯えてるじゃない!!」そう怒鳴り上げたのは、伸子の仲間、津田前乃だった。今子は確かに泣いていた。
「ふんっ、泣きたいのはこっちだよ、メス豚。」そう言うと、志穂は献花をめちゃくちゃに引き抜いたり、花びらをむしりとったりした。
「あら、おなかすいちゃったわ。ねえ、誰かお菓子頂戴。」
一同はシーンとなった。
「ないのね。じゃあこのメス豚でもいただくことにするわ。」
そういうと、志穂は、前乃の手を引っ張っていき、そこでキスするように見せかけて、ガーッと頭にかぶりついた。
あまりにもグロテスクな光景に、斎場は先ほどの志穂のお披露目以上にパニックになり、参列者らは外へ飛び出したり、狂ったように笑ったり、腰を抜かしたり、110番や119番を押したりした。

前乃を完全に食い尽くすと、志穂はもう一言付け加えた。
「おいしかったわ。もうここに用はないわ。」
そう言うと、彼女は丸山を元に戻した。
一同がほっとのしたのもつかの間、そこら辺にあった蝋燭が、めちゃくちゃにかつばらばらになった献花や、椅子の上に落ちてきた。とたんに、遺影などにも燃え移った。
参列者はいっせいに逃げ出し、職員は非常口案内とかにあわてていた。

****************************

ピーポーピーポー…。ウーウーウーウー。ファンファンファンファン…。バタバタバタバタ…。
火災は、救急車や消防車、パトカーだけでなく消防用のヘリコプターまで来る異例の事態に発展した。されど不思議といってはなんだが、死者は出なかった。

拍手[0回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]