忍者ブログ
  原作者・出版社等とは一切関係ありません バトン・リンク報告等はメールフォームでお願いします
Admin*Write*Comment
[1877]  [1876]  [1875]  [1874]  [1873]  [1872]  [1871]  [1870]  [1869]  [1868]  [1867

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




この人の名前を初めて知ったのは『こてんこ』のだんしゃく。高く、少し老けたその声は、上品だが間の抜けただんしゃくのキャラクターに相応しかった

その後に聞いた『ルーニー・テューンズ』の火星人マービンも感情が欠けていると思うほど冷徹なキャラクターではあったが、ほぼだんしゃくと同じ声質だった。そしてだんしゃく同様間の抜けたところがあった

だから、『コレクターズ・ユイ』のウイルスや『ロックマンエグゼ』のDr.リーガルと同じ声優と聞いた時、びっくらこいた
いずれも私が彼の名前を知る前に聞いた事があり、今はどんな感じだったかほとんど忘れてしまった
少なくとも、だんしゃくのような高い声ではないのは確かである。というのは、いずれのキャラクターも冷たい感じが否めなかったし、だんしゃく同様、間抜けな場面も比較的少なかった。(ただし、番組後期のウイルスは、他の仲間同様立場が変わったため、視聴者にとって親しみやすいキャラクターになっていたのは覚えている)

二人と似たようなタイプのキャラクター/声質に『M.D.ガイストII』のガイストが挙げられる
こちらは無口なキャラクターであるためか、セリフは少ないものの、やや低めの声で冷たい感じがした


『ナチュラル・ボーン・キラーズ』のミッキーはほぼガイストと同じ声とみていいだろう
ただし、こちらはストーリーの作りこみの関係でもっとおぞましいキャラクターに仕上がっている
というのも、相方であるマロリーと比べてあまり怒鳴り散らさないため、他のキャラクターと見比べると、感情というものがほとんど欠けているような感じなのだ。
ガイストほど無口ではないが、こちらがゾッとするような冷たい声である
この人が映画の吹き替えで主人公を演じたのは少ないと思う(脇役は多かった)が、このような殺人鬼役はハマっていたと私は感じた

その映画と似たような時期に放送・公開された『無責任艦長タイラー』のクライバーンの声もガイスト寄りではあるが、こちらは冷徹な殺人好きの人物というよりはむしろ、一見ならず者に見えた口の悪い軍人という感じである。それが故に無責任な上司であるタイラーに振り回されるまともな人、という感じもどこか漂う

拍手[1回]

PR



COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret

TRACKBACK
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア

ブログ内検索
リンク
最新CM
(02/13)
(01/06)
(01/01)
(04/07)
(03/21)
プロフィール
HN:
吉村 梨央子(りおこ名義で活動するときあり)
性別:
非公開
趣味:
話書いたりとかETC,
自己紹介:
時々怖い話も書きますが、そこはご了承願います。m(__)m

メールフォーム
ご意見・連絡・苦情はこちらにどうぞ
同盟とか
TAG index
アクセス解析
Copyright © りおこの日記 All Rights Reserved.
photo by RHETORIC material by Atelier Black/White Template by Kaie
忍者ブログ [PR]